« 平和の種をまく―ボスニアの少女エミナ | トップページ | 七草小屋のふしぎなわすれもの »

2007.05.09

両親をしつけよう!

4580815661 両親をしつけよう!
ピート ジョンソン Pete Johnson 岡本 浜江
文研出版 2006-09

by G-Tools

どうやら、へんなところに引っ越してきたらしい。

きょうは、新しい学校の第一日目。やけに古めかしいよぼよぼのじいさんが出てきて、自分は校長だと言い、この学校にこられて運がいいと、四回も言った。担当の先生はヘルメットをかぶったイタチみたいな人で、ぼくに学校の名誉になるような生徒になれと言った。でも無理だろうって顔をしてたよ。

放課後になると、クラスのほとんど全員が、おかしなものを習いに、せかせか帰っていくんだ。ぼくはこの“ガリ勉村”に住みつけるだろうかね、日記くん?

いろいろ干渉してくる両親の監視の目をぬすんで、“お笑いタレント”になるため、オーディションを受けるルーイ。夢はかなう?

|

« 平和の種をまく―ボスニアの少女エミナ | トップページ | 七草小屋のふしぎなわすれもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両親をしつけよう!:

« 平和の種をまく―ボスニアの少女エミナ | トップページ | 七草小屋のふしぎなわすれもの »