2011.08.28

読書感想文のポイント 中学校の部 夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日

宇宙飛行士になるための訓練、打ち上げの様子、宇宙の記録。実際に行った人でなければ知らないような内容は興味深い一冊です。

読書感想文を書くのなら、こんなポイントについて「あなたのこと」を中心に書いてみたらどうでしょうか。

  • 自分の今の夢、その夢に向かって今やっていること
  • 自分が結婚するとき、自分の夢と家族の夢をどうやってかなえていくのか

続きを読む "読書感想文のポイント 中学校の部 夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.08.21

読書感想文のポイント 中学校の部 「となりのウチナーンチュ」 08/08/21

あなたのことを書くのが読書感想文です。

あらすじを書いたり、読んだ感想を書くだけでは読書感想文になりません。自分はこんな人物なんだという説明、自分はこうするんだという決意、自分はこうありたいという意見、あなたのことを本を間において読み手に説明していくこと、これが読書感想文を書くということなのです。

自分に似た話を選べば、読書感想文は書きやすくなります。登場人物の性格、行動、出来事、結末が、あなたの性格、体験、環境、将来と似ている作品を選んでください。

自分と似ている話ならば、読みやすいし、同意や反対意見も抱きやすい。作品のテーマもつかみやすいし、自分はこうありたい、将来こうしていきたいん、と考えがまとまりやすい。書くことが負担になりにくいのです。

この本「となりのウチナーンチュ」は、こんな人にオススメです。きっと自分に似た話を持っているでしょう。あなたの読書感想文を書くにはうってつけの本ではないでしょうか。

  • 引越しをしたことがある人
  • ステレオタイプで見られる場所に住んでいる人
  • 家族間に問題がある人

続きを読む "読書感想文のポイント 中学校の部 「となりのウチナーンチュ」 08/08/21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008.05.21

となりの ウチナーンチュ

4652079222 となりのウチナーンチュ
早見 裕司
理論社 2007-12

by G-Tools

本の内容

友だちなんかいらない、と思っていた。あなたに出会うまでは…。東京から越してきた夏海とウチナーンチュの彩華。沖縄を舞台に少女たちの出会いと絆を描く、不思議さと温かさいっぱいの物語。

いろいろな感想を見る

  • Amazonアマゾンの感想をみる
  • BK1ビーケーワンの感想をみる
  • 楽天ブックスの感想をみる
  • セブンアンドワイの感想をみる
  • ブログの感想をみる
  • Googleの検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

曲芸師ハリドン

4751519085 曲芸師ハリドン
ヤコブ・ヴェゲリウス 菱木 晃子
あすなろ書房 2007-08

by G-Tools

本の内容

冷たい空気が、秋と港のにおいを運んでくる。「他人を信用しないこと」を信条に生きてきた曲芸師の少年ハリドンは、たったひとりの友をさがしに、夜の街へととびだした-。スウェーデンからやってきた現代のおとぎばなし。

いろいろな感想を見る

  • Amazonアマゾンの感想をみる
  • BK1ビーケーワンの感想をみる
  • 楽天ブックスの感想をみる
  • セブンアンドワイの感想をみる
  • ブログの感想をみる
  • Googleの検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天馬のように走れ―書聖・川村驥山物語

4893173871 天馬のように走れ―書聖・川村驥山物語
那須田 稔
ひくまの出版 2007-11

by G-Tools

本の内容

静岡県袋井の油山寺門前に生まれた川村驥山。厳しい父の指導を受け入れ、母の愛に包まれて育ち、神童といわれながら少しもおごらず真摯に学び、本を読むこと、書をかくことをとおして成長していく姿を描く。

いろいろな感想を見る

  • Amazonアマゾンの感想をみる
  • BK1ビーケーワンの感想をみる
  • 楽天ブックスの感想をみる
  • セブンアンドワイの感想をみる
  • ブログの感想をみる
  • Googleの検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.08.29

読書感想文のポイント 「世界一おいしい火山の本」 中学校の部

大きな自然現象って、実は身近な現象と同じものだったりします。たとえばお風呂の天井からぽたりとおちてくる水滴って雨そのものだし、お風呂の水を抜いたときに渦を巻くのは竜巻や台風と同じ地球の自転の影響だったりします。サイズの違いはあれども同じ物理法則や科学法則にしたがってるのことにあらためて驚きます。

火山の噴火やそれにともなう地殻変動も身近な現象で学ぶことができる、そんなことを教えてくれるのがこの本です。しかもなんとお菓子づくりを通じておいしく学ぶことができるのとはびっくり。この本は、世界一おいしく火山が学べる本なのです。

世界一おいしい火山の本―チョコやココアで噴火実験 (自然とともに)
世界一おいしい火山の本―チョコやココアで噴火実験 (自然とともに)林 信太郎

おすすめ平均
starsチョコーレートーとのナガレル溶岩

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  generated by feedpath Rabbit

続きを読む "読書感想文のポイント 「世界一おいしい火山の本」 中学校の部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.08.15

読書感想文のポイント 「一億百万光年先に住むウサギ」 中学校の部

おいおい!本当に主人公は中学生かい?!

ついつっこみたくなるような、この主人公はとても生き生きとしている。大人な自分からみても充分大人なヤツでうらやましい。周りの人もいいひとで特徴的な人ばかり。だからこそ主人公はこんなに魅力的に成長したのかな。

実際の鎌倉、湘南の光景が目に浮かぶ。アムゼル亭のコーヒー、そして汁粉屋の汁粉。一度食してみたいなぁ。

一億百万光年先に住むウサギ
一億百万光年先に住むウサギ 那須田 淳

おすすめ平均
stars2つの青春
starsコップに注いだサイダー
stars腰越通り。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  generated by feedpath Rabbit
  generated by feedpath Rabbit

続きを読む "読書感想文のポイント 「一億百万光年先に住むウサギ」 中学校の部"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007.08.08

読書感想文のポイント 「レネット―金色の林檎」 中学校の部

あ、これも初恋なんだ。

なんとなくもやがかかった中を進んでいくようなお話が突然晴れわたった。それは9年のあいだ、そう思わなかった、そう思わないようにしていたことに主人公は気づいた時だった。主人公のせつない気持ちに、三十過ぎのおとうさんも胸がチクンとなった。

作者は、あの「キャンディキャンディ」の原作者だ。おかあさんはもちろんのこと、おとうさんだってキャンディキャンディ真っ只中の世代だったりする。キャンディキャンディもしっかりと描かれた時代と人、そして恋心がたまらない作品だ。深い歴史のドラマと、そこに咲くあわい恋をかかせたら右に出るものはない。作者はそんな人なんだな。

レネット―金色の林檎
レネット―金色の林檎名木田 恵子

おすすめ平均
stars意外な結末
stars折り紙の中の種
starsさらりと心に残る物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  generated by feedpath Rabbit

続きを読む "読書感想文のポイント 「レネット―金色の林檎」 中学校の部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007.08.07

読書感想文のポイント 「あきらめないこと、それが冒険だ」 小学校高学年の部

主人公と同じようなの体験や本に出てくる出来事と同じような体験をしたことがあると本の内容がとても身近なものになってきます。すらすらと感想文を書くためには、自分が「似た話」を持っている本を選ぶことです。これが読書感想文を書くうえでのはじめのポイントです。(作文嫌いも入選する読書感想文の書かせ方 (From プレジデントファミリー2007.9月号)

この本の中に自分の「似た話」がありました。冒険家の野口さんと自分に共通点があったのです。なんて偶然なんだと驚きました。そんな驚きをもとに自分なりに感想文を書いてみました。自分のことを書くとぐんぐん書き進めます。

以下、参考になればうれしいです。最後のまとめはちょっとくさいかもしれませんが・・・(^^ゞ

4052025369 あきらめないこと、それが冒険だ―エベレストに登るのも冒険、ゴミ拾いも冒険! (ヒューマン・ノンフィクション)
野口 健
学習研究社  2006-06

by G-Tools
  generated by feedpath Rabbit

続きを読む "読書感想文のポイント 「あきらめないこと、それが冒険だ」 小学校高学年の部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007.05.09

レネット―金色の林檎

4323063237 レネット―金色の林檎
名木田 恵子
金の星社 2006-12

by G-Tools
チェルノブイリ原発事故の前日に生まれた徳光海歌。十二歳で死んだ兄・海飛、一身に息子の死を背おって生きる父、父を責める母。その徳光家に原発被災者の少年セリョージャがやってくる。一家におきる小波。不器用な家族の哀しみを北海道の海と大地がうけとめて、やがて家族の絆へとかえていく。けがれなき林檎への祈りとともに―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|