検索

« とと おやすみ? | トップページ | ミッフィー展にいったよ »

2005年5月 4日 (水)

ドラゴン桜に学ぶ 「すべてにマルをつけてみる」

ドラマ化も決定した東大合格請負漫画「ドラゴン桜」。とはいえ受験だけじゃなくて、子育てや仕事の上でも役に立つエピソードがちりばめられてる、なかなかどうして深いマンガです。

今回のテーマは「すべてにマルをつけてみる」。ポジティブに考えるためのセルフコントロール法が紹介されています。

まず自分の心理状況がわかるテストから始まります。

あなたは今、コップから水を飲んでいます。
机の上に置かれた飲みかけの水をみて
どのように思ったか( )内を埋めてください。

コップの中の水は半分 (   )

アメリカでは非常にポピュラーな心理テスト。答えによって悲観主義者か楽観主義者かがわかります。ちなみにおとうは、「半分( も残ってる )」でした(^^ゞ ・・・自他共に認める楽観主義者です。

ストーリーの中では、こうした悲観主義や楽観主義っていうのは性格の問題で、これは変えることができないものだとしています。でも、受験を乗り切る上では楽観主義のほうがいい。常にいいほうにいいほうに考えることが大切。性格は変えられなくても考え方なら変えられるとしています。

そこでポジティブにものごとを考えるためのセルフコントロール術 「すべてにマルをつける」です。

物事を否定的に考えるとき、つい周りのせいにしたがります。勉強できないのは部屋がないとか、部活が忙しいからとか心の中でバツをつけてしまいます。そこで逆にみんなマルにしてみる。部屋がないのはマル。かえって自習室で集中できる。部活があるのはマル。生活にメリハリができて充実感を得られる・・・。

これって結構大事なことですね。この時期は新生活にも慣れてきて、そこにGW。ふっと気が緩むとなんとなく全てにバツをつけがちです。また否定するのは簡単だけど、それではあんまり前に進まない。それならマルをつけてみて、前に進むのもいいなぁって思います。

にいちゃんが怒られてしまうのも・・・ちょっとはマル・・・かなぁ・・・。



« とと おやすみ? | トップページ | ミッフィー展にいったよ »

こどもの教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン桜に学ぶ 「すべてにマルをつけてみる」:

» ドラゴン桜 [まるおの漫画生活]
 タイトルが思い出せずに紹介し忘れている漫画が実はたくさんあります。そういう作品はだいたいがタイトルと内容が一致しないような漫画なんですね。で、この漫画もそのひとつなんですが、本屋で見かけてようやく思い出したところです。  この漫画は、予備校の本屋にも売.... [続きを読む]

» 「必読!『キャップをかぶった男』」 [大日本山岳部]
今週号のモーニングに掲載されているオープン秀作シリーズの読みきりマンガ「キャップをかぶった男」がすごく面白かったです。 オープン秀作シリーズとは、新人賞を奪った新人のマンガが掲載されるシリーズで、当たり外れにバラつきがあり、また読みきりが多く単行本化さ... [続きを読む]

« とと おやすみ? | トップページ | ミッフィー展にいったよ »

プロフィール

無料ブログはココログ