検索

« プリクラ体験?!「パシャパシャシール たまごっちとたまツーしょっと!アーップ!」 | トップページ | このブログの1月の人気記事ですよ »

2008年1月31日 (木)

早期教育 VS スロー教育(From 日経 Kids + 2008年03月号)

おおお!と思ったのでメモ。

B0011KQAZ2日経 Kids + (キッズプラス) 2008年 03月号 [雑誌]
日経ホーム出版社 2008-01-18

by G-Tools

  generated by feedpath Rabbit

作文について。語るのは宮川先生。読書感想文のサイトで非常に参考にしている先生。

たくさんの言葉を投げかけることが大切。それは考える種をまくこと。

きれい。たのしい。決まった型どおりの言葉でしか表現できない。この言語の箱舟化は大人の責任。決まった答え、唯一解を求めようとするからいけない。

なるほど。そういう自分もこのブログの文章も、仕事で書くメールや報告書も、ついつい型どおりの言葉をつかってしまいがち。

おもしろかった、たのしかった、きれいだった、むずかしかった。それがどんな風にそうだったのか、具体的にはどんなかっこでどんな色でどんなようすだったのか、言葉が足りないことが多いな。

子供達は小さいうちからたくさんの言葉を受け止める。そして自分の言葉で言葉を発するようになる。その言葉を言語遺産として記録していくのが大人の役目。

このブログにもこどもたちのひとことが記録してある。サクラの花吹雪をみて「さくらのゆきだね」とか、お空のお月さまを見て「バナナのかたちだね」とか、疲れたときに「ガソリンきれたの・・・すぴーどでないの・・・」とか。

読むと何だか泣きそうになることも。なつかしさだけでなくて、純粋さにもあてられているんだな、きっと。

« プリクラ体験?!「パシャパシャシール たまごっちとたまツーしょっと!アーップ!」 | トップページ | このブログの1月の人気記事ですよ »

こどもの成長」カテゴリの記事

こどもの教育」カテゴリの記事

こどもと学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早期教育 VS スロー教育(From 日経 Kids + 2008年03月号):

« プリクラ体験?!「パシャパシャシール たまごっちとたまツーしょっと!アーップ!」 | トップページ | このブログの1月の人気記事ですよ »

プロフィール

無料ブログはココログ